これからの時代、やりたいことを仕事にするにはタレント文化人が一番!

これからの時代、やりたいことを仕事にするにはタレント文化人が一番!

テイナーズ株式会社
コトムスビ 統括プロデューサー

東京理科大学卒業。2008年に会社を独立。
ネットマーケティングを得意とし、ノウハウを体系化。
クライアントが自立型で成果を出せる独自のコンサルティングスキルを開発。
新規顧客は、ほとんどが既存顧客からの紹介であるため、
メーカー・営業・IT・医療・通販・士業・研修会社など業種に関係なく展開。

2018年に日本初のタレント文化人育成スクール「テイナーズアカデミー」、
タレント文化人マッチングサイト「コトムスビ」の総括プロデューサーに就任。
メディアを活用して認知度をあげたい経営者や起業家に向けて
「パーソナルブランディング」「ビジネスモデルの構築」などを指導している。


テイナーズ株式会社  タレント文化人プロデューサー いたやよしろう
テイナーズ株式会社  タレント文化人プロデューサー
いたやよしろう

やりたいことを仕事にしよう!

政府の働き方改革の流れもあり、起業や副業(複業)がブームになっています。
IT技術の進化でパソコンとスマホがあれば、
どこにいても仕事ができるようになり、
起業もしやすくなりました。

これからはまさに「個人が活躍する時代」になっていきます。

消費者のニーズが個別化・細分化され、
カリスマと言われるタレントはいなくなり、
大ヒットする商品やサービスが少なくなりました。

その半面、コアなファンができれば、
個人でも収入を大きくすることは可能です。

ライブアプリで稼げるのが良い事例ですね。
まず自分の情報を発信し、
共感する人を増やしてみることをオススメします。

パーソナルブランディングが重要

情報発信をしたほうが良いと言っても
闇雲にやっても意味がありません。

なぜなら、世の中にはあなたと同じような仕事、
同じような思いの人がたくさんいます。

同じことをしているのであれば
相手からすれば誰でも良いのです。

ここで重要になってくるのが
『パーソナルブランディング』。

パーソナルブランディングとは、
自分にしかない「あなたらしさ」を
「あなたのブランド」として
明確に伝えることです。

そして、「なぜその仕事をしたいのか?」という
自分のやる理由を伝えれば、
あなたに共感する人が必ず現れます。

その共感してくれた人が、
お客様(=ファン)になるのです。

ブランディングはあなたの中にある

パーソナルブランディングと聞くと「難しい」とか
「私にはできない」とか思われる方が多いです。

でも、それは勘違いです。

私はパーソナルブランディングの講座を行っています。
その講座で話している内容を少し紹介します。

1.パーソナルブランディングのつくり方
『好きなことをとことんやる』

アイスマン福留という人がいます。
とにかくアイスが好きで、1年間に1000個は食べるそうです。
それだけでテレビに出ています。

好きなことでもとことんやれば目立つのです。

2.パーソナルブランディングの見つけ方
『あなたの過去にある』

自分が過去に経験してきたことがブランドになります。

アトピーを克服した女性がいました。
彼女はアトピーさんでも食べられる
砂糖を使わないスイーツをつくり始めました。

今では、食材にこだわっている
大手ハンバーガーチェーンのメニューになっています。

3.パーソナルブランディングのあらわし方
『自分らしさ(キャラクター)を出す』

さかなくんが良い例です。もう言うまでもないですね。
人はだれでもユニークです。

このようにパーソナルブランディングは、
難しいものではありません。

しかし、一人ではなかなか気づけないので、
パーソナルブランディングの講座を行っています。

これからタレント文化人を目指す人へのメッセージ

自分の好きなことを仕事にしたいのなら
タレント文化人を目指すのが一番です。

まずはご自身のパーソナルブランディングを確立して、
そこからビジネスモデルを検討してください。

そのうえでメディアに出て、ご自身をアピールするのです。

メディアでアピールする最大のメリットは、
一気に大勢の方に情報発信できるので、
影響力が大きいです。

その後、ご自身のビジネスにつなげて下さい。

自分にはやりたいことがある!
自分には夢がある!

そういう思いがあるのであれば、
是非情報発信をしましょう!

あなたはもっと認められる存在です。